東京ノーストクリニックの包茎治療期間

だいたいの治療の流れと期間

東京ノーストクリニックの流れ

 

東京ノーストクリニックでは、どのくらいの治療期間がかかるのでしょうか?
ここでは包茎手術の一連の様子や治療期間のご紹介です。

 

まずは予約から

東京ノーストクリニックでは包茎手術を受けると決心したら、まずクリニックに電話をするか、あるいはインターネットの予約フォームに入力して、予約をします。
東京ノーストクリニックで診察予定日時が決まったら、もし手術が午前中の時間帯の場合は、前日の夕食は控えるようにします。
これは、麻酔薬の副作用を抑えるためです。

 

手術当日

まず東京ノーストクリニックに来院したら無料カウンセリングがあります。
30分〜1時間程度でしょう。
ここで気になっている症状の他、手術方法や手術に対する不安要素があれば、入念に医師に相談しましょう。

 

その後、手術に入ります。一般的な東京ノーストクリニックの麻酔方法としては、まず陰茎の表面に麻酔薬を噴きつけて表面の感覚を麻痺させ、その後注射針で患部に麻酔薬を注入する、いわゆる局所麻酔です。

 

患者さんの希望があれば、全身麻酔も可能です。続いて余分な包皮を測定した後、包皮を切除し、縫合します。
最後に包帯を巻けば仕上がりです。この手術に要する時間は、包茎の種類や症状にもよりますが、おおむね30分〜1時間程度です。

 

手術後について

当日から日常生活や仕事は問題なく出来ますが、体へのシャワーは控えるようにします。
翌日からは患部を濡らさないようにすれば、体へのシャワーも可能です。

 

手術から1週間は、激しい運動やアルコールも厳禁です。縫合が溶けない糸を用いて行われた場合には、手術後約2週間後に通院し、抜糸する必要があります。これは短時間で済みます。

 

約1か月後には性行為も可能となり、治療期間も終了となります。この間、もし不具合があるようでしたら、早めに診察を受けると良いでしょう。

 

一般的な包茎治療期間について|東京ノーストクリニック