真性包茎はどこで治療する?

どこで真性包茎は治療した方が良いのか?

真性包茎は放っておくと、亀頭と包皮の間に垢が溜まって細菌が繁殖するため、臭いや炎症、さらには陰茎ガンの原因ともなります。
そのため病気と認定されており、泌尿器科で手術を受ければ、健康保険が適用されますから、安価に治療が可能です。
しかし、一般には泌尿器科での手術は、仕上がり具合など手術後に不満があることが多いようです。

やはり若干高額にはなりますが、包茎治療専門クリニックで手術をうけることをお勧めします。

 

なぜ専門クリニックが良いのか?

専門クリニックで手術を受けることのメリットは、多数あります。

まず予約がフリーダイヤルの電話もしくはインターネットで24時間可能であるということです。

大手のクリニックでは、無料相談メールを受け付けており、メールで悩みの相談や対処法などを受け付けています。
予約を入れる前に、迷っている人にとってはとても有難いサービスです。

 

安心できる点は以下にも
無料カウンセリングでは非常に丁寧に相談に応じて頂けます。

ここで悩みや迷いを払しょくしてから手術に臨むことができます。
もちろん医院のスタッフは全員男性ですから、その点でも安心です。

 

手術は基本的に局部麻酔で行われますが、最先端の麻酔技術により行われますから、痛みの心配はありません。

それでも患者さんの希望があれば、全身麻酔も可能です。いずれの場合ももちろん、その日に帰宅でき、日常生活が可能です。

関連ページ

手術方法は?
真性包茎は一般的に早急に手術を行った方が良いと言われています。では包茎クリニックではどういう手術を行った方が良いのでしょうか?真性包茎の手術法について詳しくご紹介しています。
アフターケア
包茎治療・手術後はアフターケアが必須です。手術後のケアをどうやって行った良いのか?ここでは包茎手術後のアフターケアについての知っておきたいケアをご紹介します。
真性包茎は保険が使えるのか?
ぶっちゃけ健康保険は使える?それとも実費?包茎の中でも、真性包茎の場合は悪臭や亀頭部の炎症が引き起こされたり、性行時には射精に至りにくかったり、精液が子宮に届きにくかったりという生理上の問題が出てきます。生命に関わる問題のため、真性包茎の治療には保険適用が可能なケースがあります。