真性包茎の手術後アフターケア

一般的に手術としての立ち位置なのでアフターケアは必須

真性包茎の手術は、縫合手術が基本ですから、手術後のアフターケアには特に気を付ける必要があります。

仮性包茎とは違い、これまで亀頭が露出することがなかったわけですから、非常にデリケートに扱う必要があります。

手術後1週間は患部に包帯を巻いた状態にします。手術当日は洗髪以外のシャワーや入浴は厳禁です。

 

ただしそれ以外の日常生活やお仕事などは、無理のない範囲で可能です。汗をかいている場合は、体を拭くだけにします。
翌日からは患部が濡れないようにビニール袋かコンドームなどを装着すれば、シャワーは可能です。
ただしこの時、亀頭部にあまり刺激がかからないように注意します。亀頭は2〜3週間はヒリヒリとした痛みが続くことが多いようです。無理はしないようにしましょう。
痛みが激しいようなら、ガーゼなどを患部に巻いて、徐々に刺激に慣らすようにするようにします。激しい運動やアルコールなども、手術後1週間は控える必要があります。性行為や自慰行為などは手術後1か月後まで控えるようにしましょう。

 

真性包茎の手術は、身体にも大変負担がかかるものです。

包皮を切除、縫合することによって、これまで包皮に覆われていた亀頭を露出するわけですから、手術自体も他の包茎と違って難しいものとなります。
それだけに、手術後のアフターケアも重要になってきます。
せっかく手術自体は成功しても、手術後の生活がおろそかであると、見た目にも悪くなるばかりか、機能面でも不具合が生じてきますので、注意が必要です。

関連ページ

手術方法は?
真性包茎は一般的に早急に手術を行った方が良いと言われています。では包茎クリニックではどういう手術を行った方が良いのでしょうか?真性包茎の手術法について詳しくご紹介しています。
真性包茎は保険が使えるのか?
ぶっちゃけ健康保険は使える?それとも実費?包茎の中でも、真性包茎の場合は悪臭や亀頭部の炎症が引き起こされたり、性行時には射精に至りにくかったり、精液が子宮に届きにくかったりという生理上の問題が出てきます。生命に関わる問題のため、真性包茎の治療には保険適用が可能なケースがあります。
真性包茎の治療場所
真性包茎は、生活する上で治療が必要な病気と認定されています。そのため泌尿器科では健康保険適用により安価で治療を行うことができます。しかし仕上がりには不満を持つ方も多く、専門クリニックでの治療が望ましいとされています。