カントン包茎は治療が必要か

カントン包茎って手術・治療をしたほうが良いのか?

カントン包茎は、仮性包茎と似ているものではあります。
しかし、包皮の開口部が狭いために、包皮をめくった状態で勃起した場合、包皮がもとに戻らなくなって亀頭を締め付け、激痛が走るだけでなく陰茎の血流が悪くなり、亀頭が壊死する恐れもある非常に危険な包茎です。
そのため真性包茎と同じく、泌尿器科で手術を受ければ健康保険が適用されます。

 

気になる手術痕は?

しかし泌尿器科での手術は、機能面に特化したものであるために、審美面ではどうしても不満が多いようです。包茎手術は、一生ものです。
そのため、健康保険の適用外となりますので、やや高額にはなりますが、後に後悔することのないように、やはり包茎治療専門クリニックを訪ねた方が良いと思われます。

 

カントン包茎の手術は、仮性包茎と違って余っている包皮が多いですから、やはり真性包茎と同様、包皮の切除および縫合という形になります。

しかし、大手のクリニックでは、高度な技術による無痛麻酔により、局部麻酔でありながらほとんど痛みはありません。それでも手術の痛みに不安な患者さんに対しては、全身麻酔を行い、眠っている間に手術を終えることができます。

 

事前にカウンセリングを受けることが大事?

手術の具体的な方法は、クリニックにより様々用意されていて、手術前のカウンセリングで充分に相談して納得できる方法を選ぶことが可能です。
口コミによると、カントン包茎の手術では、東京ノーストクリニックが圧倒的な人気を博しているようです。
全国に医院を展開していますが、全国どこの医院でも同じサービスを受けられるのが、人気の一つのようです。

関連ページ

カントン包茎は手術が必要か?
カントン包茎は皮をめくったまま勃起すると、亀頭を締め付けうっ血し、壊死させることもある危険な症状です。現在では「亀頭直下埋没法」や「環状切除法」などの手術法があります。いずれもメリットやデメリットがあり、治療前には担当医とよく相談することが必要です。
手術した後のアフターケアは?
カントン包茎の治療後の過ごし方についてご紹介しています。術後のシャワーや激しい運動、アルコールの摂取、性行為などを行うには制限があるため、しっかり確認しておきましょう。過ごし方によっては、さらに治療が必要になることもあります。
カントン包茎治療で保険は使えるの?
カントン包茎は仮性包茎と似ていますが、危険度の高い症状です。勃起時には包皮が陰茎を締め付けてしまう場合があり、壊死に至るケースもあります。仮性包茎だと思っている人の中にも、実は軽度のカントン包茎だったという方もいるとされています。