東京ノーストクリニックのカントン包茎

知っておきたい症状と治療の必要性

カントン包茎は、とても危険な包茎です。勃起していないときは仮性包茎と同様に包皮がめくれるのですが、包皮がめくれた状態で勃起してしまうと、包皮口が小さいためにもとに戻ることができなくなり、亀頭を締め付けてしまいます。

 

・気を付けたい症状

放っておくと亀頭がうっ血して、壊死してしまう場合もあります。
そのため、カントン包茎は病気と認定されており、泌尿器科で手術を受けると、保険が適用されます。
ただし、泌尿器科での治療はあくまで機能面を重視したものであり、仕上がり具合を気にされるのであれば、やはり包茎治療専門クリニックで手術を受けられるのが良いでしょう。

 

カントン包茎の特徴としては

 「亀頭直下埋没法」は、今では代表的な手術方法でしょう。勃起時のサイズを測定した上で余分な包皮を切除し、亀頭のすぐ下の、いわゆるカリのところで縫合します。切断面が分かりにくく、自然に近い仕上がり具合になるのが特長です。
性感帯の部分にもメスを入れませんから、性感を損なうこともありません。
ただし、この手術は医師の高度な執刀技術を必要とします。
経験の浅い、技術が乏しい医師が行うと、縫合面が雑になったり、様々なトラブルが生じてしまいます。

 

「環状切除法」もよく行われる方法です。これは亀頭に輪切りのように切り込み、余分な包皮を切除する方法で、泌尿器科などでもよく行われる方法です。比較的短時間で終了し、失敗も少ないのが特長です

カントン包茎に限らず、どの種類の包茎にも施されています。
いわゆるツートンカラーになってしまいがち、というデメリットはありますが、これも時間の経過とともに幾分かは落ち着いてくるといわれています。

関連ページ

手術した後のアフターケアは?
カントン包茎の治療後の過ごし方についてご紹介しています。術後のシャワーや激しい運動、アルコールの摂取、性行為などを行うには制限があるため、しっかり確認しておきましょう。過ごし方によっては、さらに治療が必要になることもあります。
カントン包茎治療で保険は使えるの?
カントン包茎は仮性包茎と似ていますが、危険度の高い症状です。勃起時には包皮が陰茎を締め付けてしまう場合があり、壊死に至るケースもあります。仮性包茎だと思っている人の中にも、実は軽度のカントン包茎だったという方もいるとされています。
カントン包茎は治療が必要なの
カントンの治療はどこで行ったほうが良いのか?(専門クリニックを進める形で)カントン包茎には勃起した陰茎を締め付けてしまうことで、激しい痛みを引き起こしたり、亀頭の壊死などの可能性が潜んでいます。たった一度しか治療できないため、保険適用外ですが包茎専門のクリニックを利用することが良いでしょう。おすすめの人気クリニックをご紹介。