東京ノーストクリニックのカントン包茎の保険関係

カントン包茎は、仮性包茎と似ているともいえます。

平常時には亀頭が包皮に覆われていますが、自分で包皮をめくって亀頭を露出することが可能です。
しかし仮性包茎と違うのは、やはり包皮の開口部が小さいことです。
そのため、包皮をめくった状態で陰茎が勃起した場合、亀頭の下の部分で包皮が締め付けることになります。

こうなると自分で元に戻すことはできなくなり、激痛が走るだけでなく、陰茎の血流が悪化して、亀頭がうっ血し、最悪の場合壊死してしまうことがあります。

 

性行為においても、もちろん支障が出ます。

挿入してから包皮がめくれてしまった場合、包皮が元に戻らず、亀頭を締め付けることになるのですから、大変危険です。どうしても慎重にならざるを得ません。

 

ここまでひどいケースにはならなくても、勃起時に痛みがあったり、勃起していなくても締め付けている感じがすることがあります。
また陰茎だけでなく、頭痛などの症状が起こるのも特徴のひとつです。
このように症状が比較的軽い場合は、自分でもカントン包茎ではなく、仮性包茎だと思い込んでいる人が多いようです。
日常生活には特に支障がないだけに、よけいにやっかいなものです。

 

最も危険なのがカントン包茎?

このように、カントン包茎は他の包茎のなかでも、ある意味最も危険な包茎であるといえます。
そのため、病気であるとの認定がされており、治療には健康保険が適用されます。

ただし泌尿器科での治療のみに限り、美容クリニックなどでの治療では、保険は適用外となりますので、要注意です。

関連ページ

カントン包茎は手術が必要か?
カントン包茎は皮をめくったまま勃起すると、亀頭を締め付けうっ血し、壊死させることもある危険な症状です。現在では「亀頭直下埋没法」や「環状切除法」などの手術法があります。いずれもメリットやデメリットがあり、治療前には担当医とよく相談することが必要です。
手術した後のアフターケアは?
カントン包茎の治療後の過ごし方についてご紹介しています。術後のシャワーや激しい運動、アルコールの摂取、性行為などを行うには制限があるため、しっかり確認しておきましょう。過ごし方によっては、さらに治療が必要になることもあります。
カントン包茎は治療が必要なの
カントンの治療はどこで行ったほうが良いのか?(専門クリニックを進める形で)カントン包茎には勃起した陰茎を締め付けてしまうことで、激しい痛みを引き起こしたり、亀頭の壊死などの可能性が潜んでいます。たった一度しか治療できないため、保険適用外ですが包茎専門のクリニックを利用することが良いでしょう。おすすめの人気クリニックをご紹介。