仮性包茎は手術した後のアフターケアは?|東京ノーストクリニック料気kンまとめ

手術後のケアで知っておきたい事

カントン包茎は、平常時には陰茎の包皮をめくって亀頭を露出することが可能です。
その点では、仮性包茎に近いものがあります。
亀頭を普段露出する習慣のある人は、包皮口も比較的大きいかもしれません。

 

仮性包茎と同じ部分

そのため、カントン包茎の手術は、基本的には仮性包茎と同じです。
ただし、仮性包茎と違って、包皮の開口部が小さいため、やはり包皮の切除および縫合手術が必要となります。
そのため、手術後のアフターケアとしては、真性包茎なみの注意が必要となります。

 

手術後当日から仕事や日常生活は普通に送れますが、シャワーは当日は厳禁です。タオルで身体をふくなどだけにしておきます。
患部が濡れなければ、頭部のシャワーは構いません。翌日からはやはり患部を濡らさないように注意すれば、頭部だけでなく体へのシャワーもOKです。
手術後1週間は激しい運動やアルコールも控えなければなりません。
性行為は手術後1か月から可能です。
手術後にはこのような注意事項が医師から聞くことになると思います。せっかくの手術を台無しにしてしないためにも、必ず守るようにしましょう。

 

仮性包茎の人と違ってあまり亀頭を露出していたことがない人にとっては、手術後1週間くらいの間は、亀頭が下着などにこすれて痛みを感じるかもしれません。

そのような場合は、患部にガーゼを巻くなどして、少しずつ慣らしていくと良いでしょう。どうしても痛みなどがとれない場合は、迷わず病院で相談しましょう。

関連ページ

カントン包茎は手術が必要か?
カントン包茎は皮をめくったまま勃起すると、亀頭を締め付けうっ血し、壊死させることもある危険な症状です。現在では「亀頭直下埋没法」や「環状切除法」などの手術法があります。いずれもメリットやデメリットがあり、治療前には担当医とよく相談することが必要です。
カントン包茎治療で保険は使えるの?
カントン包茎は仮性包茎と似ていますが、危険度の高い症状です。勃起時には包皮が陰茎を締め付けてしまう場合があり、壊死に至るケースもあります。仮性包茎だと思っている人の中にも、実は軽度のカントン包茎だったという方もいるとされています。
カントン包茎は治療が必要なの
カントンの治療はどこで行ったほうが良いのか?(専門クリニックを進める形で)カントン包茎には勃起した陰茎を締め付けてしまうことで、激しい痛みを引き起こしたり、亀頭の壊死などの可能性が潜んでいます。たった一度しか治療できないため、保険適用外ですが包茎専門のクリニックを利用することが良いでしょう。おすすめの人気クリニックをご紹介。