カントン包茎について

カントン包茎って一体何?

カントン包茎は、非常に危険な包茎といえます。ある意味、仮性包茎の一種ともいえるのですが、その症状は全く異なります。

真性包茎と違って、カントン包茎は、勃起していなければ包皮を剥くことができます。

これは仮性包茎と同じです。
しかし、もともと包皮の開口部分が小さいため、包皮を剥いたまま勃起してしまうと、包皮の開口部が亀頭を締め付けてしまい、激しい痛みを伴います。
こうなってしまうと、自分では包皮を元に戻すことができなくなってしまいます。
この状態が続くと、陰茎全体の血流が悪化し、亀頭部がうっ血して膨れあがります。

最悪の場合は、亀頭が壊死してしまうことにもつながります。そのため、このような場合はただちに病院へ行く必要があります。

 

いろいろな悪影響が生まれる?

もちろん仮性包茎と同様、普段は包皮に覆われているわけですから、恥垢も溜まりやすく、細菌の繁殖による臭いや炎症などの原因にもなります。
勃起していない時に充分にシャワーなどで清潔にする必要もあります。

 

また、性交渉においても悪影響を及ぼします。

もし性交中に誤って包皮がめくれてしまったら、やはり同じような状態となってしまいます。
そのため、とても慎重に行う必要があり、難しいものがあります。

このような理由から、カントン包茎は病気と認定されており、泌尿器科では健康保険を使って手術を受けることが可能です。

ただし、手術の仕上がり具合などは、あまり良いとは言えないようです。
この点を心配される人は、保険は効きませんが、美容クリニックなどで手術を受けることをお勧めします。

カントン包茎の知っておく知識|東京ノーストクリニックまとめ記事一覧

カントン包茎は手術が必要か?|東京ノーストクリニックの料金まとめ

カントン包茎は、とても危険な包茎です。勃起していないときは仮性包茎と同様に包皮がめくれるのですが、包皮がめくれた状態で勃起してしまうと、包皮口が小さいためにもとに戻ることができなくなり、亀頭を締め付けてしまいます。・気を付けたい症状放っておくと亀頭がうっ血して、壊死してしまう場合もあります。そのため...

≫続きを読む

仮性包茎は手術した後のアフターケアは?|東京ノーストクリニック料金まとめ

カントン包茎は、平常時には陰茎の包皮をめくって亀頭を露出することが可能です。その点では、仮性包茎に近いものがあります。亀頭を普段露出する習慣のある人は、包皮口も比較的大きいかもしれません。仮性包茎と同じ部分そのため、カントン包茎の手術は、基本的には仮性包茎と同じです。ただし、仮性包茎と違って、包皮の...

≫続きを読む

カントン包茎の手術・治療と保険関係|東京ノーストクリニックまとめ

平常時には亀頭が包皮に覆われていますが、自分で包皮をめくって亀頭を露出することが可能です。しかし仮性包茎と違うのは、やはり包皮の開口部が小さいことです。そのため、包皮をめくった状態で陰茎が勃起した場合、亀頭の下の部分で包皮が締め付けることになります。こうなると自分で元に戻すことはできなくなり、激痛が...

≫続きを読む

カントン包茎は治療が本当に必要か?|東京ノーストクリニックの料金まとめ

カントン包茎は、仮性包茎と似ているものではあります。しかし、包皮の開口部が狭いために、包皮をめくった状態で勃起した場合、包皮がもとに戻らなくなって亀頭を締め付け、激痛が走るだけでなく陰茎の血流が悪くなり、亀頭が壊死する恐れもある非常に危険な包茎です。そのため真性包茎と同じく、泌尿器科で手術を受ければ...

≫続きを読む