東京ノーストクリニックの手術時の麻酔

東京ノーストクリニックの麻酔事情について

東京ノースト麻酔
東京ノーストクリニックの包茎手術を受ける場合、最も気になる要素の一つが、麻酔でしょう。
手術を受ける部位が部位だけに、誰しもが不安になるはずです。
そのため、東京ノーストクリニックなどでは、その患者さんの不安を解消するために、様々な麻酔が用意されています。
包茎手術で大事なのは「痛くない事」。
東京ノーストクリニックでは麻酔関係も充実しているようで、多くの方が手術・治療しているようですね。

 

麻酔を組み合わせる手術法

東京ノーストクリニックで一般的に行われているのが、表面麻酔と局部麻酔の組み合わせです。
表面麻酔は、陰茎の皮膚の表面の感覚を麻痺させることによって麻酔をかけるものです。

皮膚表面に冷却ガスあるいは冷却スプレーなどをあてて、表面の感覚を麻痺させる冷却法と、麻酔成分を含有したシートなどを掛けることによって表面の感覚を麻痺させる方法の2つがあります。

 

東京ノーストクリニックの局部麻酔は、表面麻酔だけでは手術の痛みには対応できないために、手術をする場所に麻酔薬を注入して充分に麻酔を効かせるために行われます。
先に表面麻酔を行っているため、注射針の痛みはありません。                      
また、患部の感覚だけを麻痺させますから、眠ってしまうことがなく、手術中も医師とコミュニケーションをとることが可能です。

 

静脈麻酔という方法

これらとは違って、静脈麻酔というものも用意されています。

局部麻酔でもどうしても不安がある場合に行われる方法です。
点滴などで睡眠薬などを注入し、眠った状態で手術を行うものです。

もちろん東京ノーストクリニックでは手術当日に帰宅が可能です。下記ページにまとめています。
東京ノーストクリニックの手術の流れはこちら

 

この他にも、東京ノーストクリニックには、表面麻酔のあと深部冷却麻酔をして、さらにそのあとに極細針で患部に麻酔薬を注入する3段階の麻酔も行われています。より一層痛みの不安が解消されます。
やはり東京ノーストクリニックはいいですね。