仮性包茎の治療場所

一体どこで治療するのが良いのか?

仮性包茎は、真性包茎やカントン包茎とは違って、病気とは認定されていません。
通常時は包皮に覆われている状態であっても、自分の手でで痛みもなく簡単に包皮をめくって亀頭を露出することができるからです。
勃起すれば亀頭が自然に現れますから、性交渉も問題なく行うこともできます。一般に、日本人男性のおよそ7割は、仮性包茎であるともいわれています。

 

とはいっても、コンプレックスを抱えている人も多いと思います。

そういう人にとっては、やはり手術を行った方が良いでしょう。
仮性包茎の治療は健康保険が効きませんので、手術を受けるのであれば、泌尿器科よりは、包茎治療専門のクリニックがお勧めです。

 

手術の痛みもほとんどないといわれていますし、何と言っても手術後の仕上がり具合が違います。

大手専門クリニックでは、全国に医院を展開していますから、出張や転勤などの場合でも対応可能ですので、大変便利です。予約もフリーダイヤルによる電話の他に、インターネットによる24時間受け付けが行われています。

 

医院では、受付も含めてスタッフ全員男性ですので、安心して悩みの相談を受けていただけます。
カウンセリングも個室になっていて、他の患者さんと顔を合わせるような心配もありません。
仮性包茎の手術は、クリニックの場合、いわゆる「切らない手術」が可能です。余っている包皮が比較的短いのであれば、メスなどで包皮を切るのではなく、根元へ引っ張って生理的接着剤で接着することにより、亀頭を露出させることが可能です。この手術法ですと、縫合もしないため、手術後すぐに患部が回復します。

関連ページ

手術・治療方法
一般的に本格的な手術は必要ないと言われている仮性包茎ですが、仮性包茎の治療・手術方法はどうなっているのか?詳しくご紹介しています。
アフターケア
仮性包茎の手術や治療を受けた後のアフターケアは一般的にどうなっているのでしょうか?ここでは仮性包茎治療・手術のアフターケアについてご紹介しています。
保険
仮性包茎でクリニックで手術や治療をするときに。料金についてのまとめページです。手術保険や金額について情報をまとめてみました。