仮性包茎の手術・治療方法は?

仮性包茎は、一般には手術の必要はないといわれています。

陰茎が勃起すれば亀頭が現れるわけですし、また平素から自分で包皮を剥く習慣をつけていれば、自然にその症状も軽くなって行きます。

仮性包茎の手術には保険は適用されませんし、そもそも手術自体にはリスクもつきものです。日本人男性の約7割は、症状の差はありますが、仮性包茎であるともいわれています。

しかし、かといって仮性包茎を放置しておいてよいというものではありません。
やはり恥垢が溜まりやすい傾向がありますし、早漏の原因ともなります。気になる人は、手術を受けるのも一つの策でしょう。最近では、通常のメスなどを使用しない手術方法がかなり普及していて、気軽に治療を受けることが可能です。

 

仮性包茎の手術の種類としてまず挙げられるのが、「根元部固定法」です。

これは医療用として使われている接着剤で、陰茎の根元の部分に包皮を接着して固定する方法です。
切除や縫合などを行わないため痛みもなく、手軽に行われます。接着力は半年程度でなくなりますが、この間にめくれ癖がつけば、自然と仮性包茎が治るといわれています。

 

 「ナチュラルピーリング」も切除等を行いません。

余分な包皮を亀頭の下の部分に接合させます。非常に自然な仕上がり具合が好評のようです。ただし包皮口が狭い人にはできません。
 「レーザー手術」は、レーザーで余分な包皮を焼き切って縫合するものです。通常のメスを用いた手術に比べて出血が少ないの

関連ページ

アフターケア
仮性包茎の手術や治療を受けた後のアフターケアは一般的にどうなっているのでしょうか?ここでは仮性包茎治療・手術のアフターケアについてご紹介しています。
保険
仮性包茎でクリニックで手術や治療をするときに。料金についてのまとめページです。手術保険や金額について情報をまとめてみました。
どこで治療した方が良い?
仮性包茎の治療や手術はどこで行うのが一番良いでしょうか?泌尿器科や整形外科、包茎専門クリニックなど複数の選択がありますが、どこで手術や治療を行った方が良いでしょうか?