仮性包茎の手術・治療は保険について

仮性包茎って保険は使えるの?

仮性包茎は、陰茎に対して包皮が長いために亀頭が平常時は包皮に覆われているものです。
ただし、包皮の開口部が大きいために、自分で包皮をめくって亀頭を露出することが可能です。また勃起時にも、真性包茎とは違って亀頭が露出します。カントン包茎とも異なり、勃起時に痛みが走るということもありません。

 

実際、自慰で意識的に包皮をめくる習慣をつけたり、性行為を繰り返すことによって、自然と治る場合もあります。
一般に、日本人男性の約7割が、程度の差はありますが、仮性包茎で悩んでいるともいわれています。このように仮性包茎でも性生活において大きな支障をきたす訳ではありませんから、病気であるとの認識は薄いようです。

 

しかし、仮性包茎は放置しておくと、問題が無いということでは決してありません。

包皮と亀頭部の間に垢がたまり、そこに細菌が繁殖することによって、臭いの原因になったり、亀頭包皮炎などの炎症を引き起こす可能性があります。また、亀頭が包皮に覆われたままにしておくと、包皮が亀頭に癒着して真性包茎になるケースもあります。
入浴時などには包皮をめくって、入念にシャワーなどをあてて清潔に保つ必要があります。

このように、仮性包茎は真性包茎やカントン包茎と比較すると、不妊などの問題もなく軽度な包茎との認識があるため、残念なことですが治療に関しては保険適用外となっています。

仮性包茎への認識は少しずつ高まってきてはいますが、まだまだ治療の現場には届いていないのが現状のようです。

関連ページ

手術・治療方法
一般的に本格的な手術は必要ないと言われている仮性包茎ですが、仮性包茎の治療・手術方法はどうなっているのか?詳しくご紹介しています。
アフターケア
仮性包茎の手術や治療を受けた後のアフターケアは一般的にどうなっているのでしょうか?ここでは仮性包茎治療・手術のアフターケアについてご紹介しています。
どこで治療した方が良い?
仮性包茎の治療や手術はどこで行うのが一番良いでしょうか?泌尿器科や整形外科、包茎専門クリニックなど複数の選択がありますが、どこで手術や治療を行った方が良いでしょうか?