仮性包茎のアフターケア

アフターケアについて知っておきたい事

仮性包茎で手術を受けた場合、治療後の注意事項はきちんと守らないと、せっかくの手術が台無しになる恐れがあります。医師の指示にしたがって、日常生活を送る必要があります。

 

一般的な様子は?

仮性包茎の手術後の注意事項としては、手術直後は包帯を巻いた状態で帰宅するわけですが、1週間はこの包帯は巻いたままにしておきます。手術当日はシャワーや入浴は控え、体を拭くだけにします。仕事や日常生活は、手術当日からも普段通りで構いません。

ただし洗髪は可能です。翌日からは、コンドームなどを装着するなどして患部が濡れないようにすれば、シャワーも可能です。1週間が経過すれば、患部を直接シャワーで洗うことも可能です。

この1週間は、激しい運動やアルコールを控えることも重要です。

 

この間は、勃起をすると少し突っ張るような痛みが走ることがありますが、異常というわけではないですから、気にすることはありません。自慰行為や性交渉は1か月後くらいから可能です。

 

以上は切除手術を施した場合の注意点ですが、「根元部固定法」のように、包皮を切除しない手術の場合は、手術後の回復も早く、したがってより短期間で入浴や性交渉などを行うことが可能です。
この「根元部固定法」は仮性包茎のみに適用される手術法ですが、生体用接着剤を用いて包皮を陰茎の根元部分に引っ張って接着させる方法であるため、やはり接着力を長く維持するためにも、手術後すぐに何でもできる、というわけではありません。

関連ページ

手術・治療方法
一般的に本格的な手術は必要ないと言われている仮性包茎ですが、仮性包茎の治療・手術方法はどうなっているのか?詳しくご紹介しています。
保険
仮性包茎でクリニックで手術や治療をするときに。料金についてのまとめページです。手術保険や金額について情報をまとめてみました。
どこで治療した方が良い?
仮性包茎の治療や手術はどこで行うのが一番良いでしょうか?泌尿器科や整形外科、包茎専門クリニックなど複数の選択がありますが、どこで手術や治療を行った方が良いでしょうか?