仮性包茎の症状・治療

知っておきたい仮性包茎のまとめ

仮性包茎は、普段は亀頭の一部あるいは全体を包皮が覆っていますが、自分で剥こうとすれば、痛みもなく容易に剥けるという種類の包茎です。
つまり、真性包茎のように、亀頭をまったく露出することができないというわけではありません。
したがって、性行為も普通に行うことが可能ですから、病気といえるものではありません。

 

手術の必要なども、特に必要というものではありません。
仮性包茎の手術ももちろん行われていますが、このように病気ではありませんから、保険適用外となっています。仮性包茎では、リスクも費用も高い手術は受けない方が無難です。

しかし全く問題が無い、というわけでもないのです。

 

その問題として挙げられるのは、不潔になる傾向がある、ということでしょう。
普段は包皮に覆われていることが多いため、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりやすくなります。

 

これは一種の垢ですが、これにより細菌が繁殖し、悪臭の原因となったり、悪化すると炎症を起こすこともあります。最悪の場合、陰茎ガンを引き起こすとも言われているのです。

 

そのため、常に陰茎を清潔にする習慣をつけておく必要があるでしょう。入浴時など、皮をめくって、シャワーなどでよく洗い流す必要があります。

また、普段亀頭が包皮に覆われているために、亀頭が刺激に敏感となり、性交渉を行っても早漏となって、女性を満足させることができないことが多いようです。

そのためにも、例えば自慰行為を行うときも、包皮をよくめくる習慣をつけるのはもちろんのこと、亀頭に適度な刺激を与えて、強くする必要があります。

仮性包茎の症状・治療について|東京ノーストクリニックの料金まとめ記事一覧

仮性包茎の手術・治療方法は?|東京ノーストクリニックまとめ

陰茎が勃起すれば亀頭が現れるわけですし、また平素から自分で包皮を剥く習慣をつけていれば、自然にその症状も軽くなって行きます。仮性包茎の手術には保険は適用されませんし、そもそも手術自体にはリスクもつきものです。日本人男性の約7割は、症状の差はありますが、仮性包茎であるともいわれています。しかし、かとい...

≫続きを読む

仮性包茎のアフターケアについて|東京ノーストクリニックまとめ

仮性包茎で手術を受けた場合、治療後の注意事項はきちんと守らないと、せっかくの手術が台無しになる恐れがあります。医師の指示にしたがって、日常生活を送る必要があります。一般的な様子は?仮性包茎の手術後の注意事項としては、手術直後は包帯を巻いた状態で帰宅するわけですが、1週間はこの包帯は巻いたままにしてお...

≫続きを読む

仮性包茎の手術と治療は保険が使える?|東京ノーストクリニックまとめ

仮性包茎は、陰茎に対して包皮が長いために亀頭が平常時は包皮に覆われているものです。ただし、包皮の開口部が大きいために、自分で包皮をめくって亀頭を露出することが可能です。また勃起時にも、真性包茎とは違って亀頭が露出します。カントン包茎とも異なり、勃起時に痛みが走るということもありません。実際、自慰で意...

≫続きを読む

仮性包茎はどこで治療した方が良い?|東京ノーストクリニックまとめ

仮性包茎は、真性包茎やカントン包茎とは違って、病気とは認定されていません。通常時は包皮に覆われている状態であっても、自分の手でで痛みもなく簡単に包皮をめくって亀頭を露出することができるからです。勃起すれば亀頭が自然に現れますから、性交渉も問題なく行うこともできます。一般に、日本人男性のおよそ7割は、...

≫続きを読む