東京ノーストクリニックの包茎手術は痛い?

実際にはどのくらいの痛みがあるのか?

 包茎手術は痛いものだと思い、手術をためらっている患者さんも多いと思います。
実際、泌尿器科などで手術を受けると、手術中は痛みがなくても、手術後に局部麻酔が切れると痛みが走るということも耳にします。
現在では泌尿器科でも麻酔の技術はかなり上がってはいますが、全く痛みがないかというと、そうも言い切れないのが現状のようです。

 

専門クリニックを推奨

 手術の麻酔に関してどうしても気になるという人は、やはり包茎治療専門クリニックをお勧めします。
健康保険適用外にはなりますが、単に手術の技法だけでなく麻酔の技術に関しても目覚ましいものがあり、患者さんにとってはより安心して手術を受けることができます。

 

痛くないような手術法

 包茎治療クリニック大手の東京ノーストクリニックでは、手術中に痛みを感じることがないように、独自の麻酔法を施しています。

まず陰茎表面にスプレーを噴霧して、表面の感覚を麻痺させます。
続いて深部冷却麻酔を行います。

これは半凍結させたジェルを陰茎に直接巻きつけることで、皮膚の奥まで感覚を麻痺させます。

そして最後に麻酔薬の注入です。

先に2段階で陰茎の感覚を麻痺させている上に、極細の注射針を用いて麻酔薬を注入させるため、痛みを感じることはありません。

こうして3つの麻酔により完全に陰茎の感覚が麻痺されるため、手術中も痛みを感じることはありません。

 

 このように、包茎治療専門クリニックでは、手術の痛みがほとんど無いようにするために、最先端の技術を導入して取り組まれています。
口コミなどでもその評判は上々のようです。この評判が客を呼ぶわけですから、当然と言えば当然ですね。